大人のための予防接種

肺炎球菌ワクチン

肺炎予防効果があるため、お勧めしています。
平成26年10月1日から開始し、1回接種となります。一部負担があります。
「接種対象者」
@65歳以上の方
(経過措置)平成26年度から平成30年度までの間は、各当該年度に65,70,75,80,85,90,95,100歳となる方が対象となります。
A60歳以上65歳未満の方で、心臓、腎臓、呼吸器の機能やヒト免疫不全ウィルスによる機能障害のある方

※対象の方は、市町村からハガキ等で連絡があります。
※既に肺炎球菌ワクチンを接種された方は対象外となります。

「接種料金」
●自己負担額は2,700円(税込み)
●市民税非課税世帯、生活保護世帯の負担はありません。

インフルエンザ
ワクチン
対象はすべての方で、毎年10月から接種を始めます。
※インフルエンザの予防接種は、ワクチンの入荷日が遅れているため、10月中旬から開始の予定です。
その効力は接種して、2週間から3〜6カ月頃までと考えられています。
破傷風ワクチン 対象はすべての方で、初回は3回(3・4種混合ワクチンにも含まれており、幼児期に接種済み)、その後は10年毎に接種。屋外での仕事、スポーツなど怪我の機会が多い方は、接種しましょう。
希望者は2-3日前にご連絡ください。
B型肝炎ワクチン 60歳未満の糖尿病の方や透析患者、慢性肝疾患、B型肝炎患者(キャリアーを含む)の家族や医療・介護従事者にお勧めです。
帯状疱疹ワクチン 60歳以上の方にお勧めですが、日本では水痘ワクチンで効果があります。水疱瘡にかかると20年くらいは、水疱-帯状疱疹の免疫ができるといわれていますが、それ以後免疫力が落ちるような状況では、帯状疱疹になりやすくなります。